戻る

ライン

2019年の5月です。

ライン

20 大阪府池田市・兵庫県川西市・兵庫県伊丹市
     今日も少しだけ猪名川沿いの鳥を見てきました。ヒバリ・カルガモ・コチドリ・ハシボソガラス・コチドリ・ツバメ・スズメ・カワセミなどを見ました。
ライン
19 大阪府池田市・兵庫県川西市
     今日は少しだけ猪名川沿いの鳥を見てきました。コチドリ・カルガモ・ダイサギツバメ・カワウ・飼い犬(イヌ)・ネコを見ました。飼い犬はリードを付けていない人が多いので証拠写真、ネコは団体が去勢して食べ物を与えているらしいのですが河川敷の生態系に与える影響が大きいのでこれも証拠写真です。
ライン
18 兵庫県
     曇っていたのでほんの少し遅めに見に行きました。やはりホンドギツネが食べ物を探していました。
ライン
18 大阪府池田市
     富山県産のオニヤンマが羽化のために歩き回っていました。直線距離で3mは歩いているようです。
ライン
17 大阪府池田市
     河川敷にすむネズミを調べるためにセットしていた撮影関係のものがすべて盗まれてしまった。カメラを含め、新品で買うと総額10万円くらい。痛たたた…!!!
ライン
17 兵庫県
     昨日さんざん飼い犬に追いかけられまわしたので、今日はホンドギツネは見られないだろうと思っていました。しかし、いました。
ライン
16 兵庫県
     飼い犬がホンドギツネを追い回していました。これでは絶滅危惧T類の生き物がもっと減ってしまうことでしょう。(このキツネは大阪側にも来ています)
ライン
15 北摂地域
     5日とは別の場所にホンドギツネを見に行きました。親ギツネと子ギツネを見ることができました。シジュウカラが巣の材料を集めているようでした。ホンドギツネの毛が混じっているかも…?
ライン
14 大阪府・兵庫県
     今日もホンドギツネを見てきました。コイが産卵をしていました。
ライン
13 北摂地域
     ホンドギツネ・チョウゲンボウ・ゴイサギ・オオヨシキリ・ムクドリ・ダイサギ・コサギ・カルガモなどを見ました。
ライン
12 大阪府豊能郡豊能・兵庫県川西市黒川
     昆虫の観察を頼まれて行ってきました。ところがこの時期にはやや発生が遅れていることもありあまりいろいろなものに出会えませんでした。植物の観察会のようになりました。
ライン
12 大阪府池田市室町
     観察会に行く前に2種類の昆虫を見せていただきました。モモチョッキリツマグロヒョウモンです。
ライン
12 大阪府池田市
     飼育しているヒノマルコロギスの2頭目が羽化していました。まだ白っぽい色をしていました。
ライン
11 大阪府池田市五月山
     夜、少しだけ昆虫を見てきました。やはり種類は多くありません。
ライン
11 大阪府池田市
     河川敷を短い時間見ただけですがカルガモとオオヨシキリくらいしかいませんでした。
ライン
11 大阪府豊中市服部緑地レストハウス前 午後1時から3時
     菅井先生の観察会がありました。今月だけ第二土曜日です。来月からはまた第一土曜日にあります。
ライン
10 大阪府池田市
     チョウゲンボウがどんなネズミを捕まえているのかと思い、カメラを設置してみました。ハタネズミのようです。
ライン
10 北摂地域
     5日とは別の場所にホンドギツネを見に行きました。親ギツネと子ギツネを見ることができました。
ライン
9 大阪府池田市室町
     観賞用のリンゴの実にゾウムシがいました。モモチョッキリです。これまで大変な勘違いをしていることに気づきました。
ライン
8 大阪府池田市
     この日のチョウゲンボウは2羽になっていました。どちらもオスのようです。
ライン
7 大阪府池田市
     この日もチョウゲンボウがホバリングをしていました。
ライン
6 大阪府池田市
     トビが獲物を捕る瞬間を撮影しようと行きました。ところが昼から風が強くうまく獲物が捕れないようでした。
ライン
5 茨城県太子町
     H.氏が野外でのコロギスの写真を撮影されたので使わせていただくようにしました。野外での写真はなかなか撮れません。飼育しているものよりも一回り大きいようです。小さな昆虫等の食べ物がとりやすいためではないかと思います。
ライン
5 北摂地域
     ホンドギツネが歩いていました。すぐにかくれてしまいました。
ライン
4 兵庫県三田市
     圃場整備をしなかった地域の自然の観察をさせていただきました。許可なく入れません。どこでもそうですが。ここには驚くような自然が残っています。鳥では、ケリやチュウサギ、バン等を見ました。は虫類では、ニホンカナヘビを見ました。両生類ではニホンアカガエル(オタマジャクシと成体)、カスミサンショウウオ(卵の抜けた後・幼生)、トノサマガエル、ニホンアマガエルを見ました。魚類では、メダカカワバタモロコを見ました。昆虫では、トラフシジミとツバメシジミ、ベニシジミ(春型)、ヒメウラナミジャノメ、アゲハチョウ(新鮮なメス)、クロアゲハ(新鮮なオス)、アカタテハ、トラフシジミ、モンシロチョウ、キタキチョウ、ミドリシジミ(2齢幼虫)そしてギンイチモンジセセリ(オス)まで見ました。ひょっとすると三田市では初記録かもしれません。トンボでは、ハラビロトンボとオグマサナエ、シオヤトンボ、シオカラトンボ(ヤゴ)を見ました。甲虫では、キクスイカミキリの卵を見ました。植物で最も印象に残ったのはヒメハギでした。満開です。
ライン
4 大阪府池田市
     今日も朝飯前の鳥の観察に行きました。着くと遠くでチョウゲンボウがホバリングをしていました。すぐに獲物を持って頭上をいきなり通り過ぎました。準備が間に合わないません。LAWから現像するとまたネズミを捕まえていました。あとから遠くでホバリングをしていました。
 壁紙はこのホバリングの写真にすることにしました。
ライン
3 大阪府池田市
     「朝飯前?」に鳥を見てきました。チョウゲンボウがネズミを捕まえました。ハタネズミのようです。例年みられるキアシシギがいました。オオヨシキリが鳴いていました。初見です。ほかの方も数日前から見られていたようです。
ライン

2

大阪府池田市

 4月17日にセグロアシナガバチの巣を探しましたが見つけられませんでした。今日巣を1つだけ見つけることができました。中に卵も見えていました。

ライン

大阪府池田市

 その後ヤスマツトビナナフシが1頭孵化していました。今日ももう1頭孵化していました。

ライン

1

大阪府池田市

 朝容器を見るとその中に2頭ずつナナフシ類の幼虫がいました。どちらも今日孵化したものです。ヤスマツトビナナフシエダナナフシでした。

戻る