ライン

戻る

2017年の8月です。
ライン
20 大阪府池田市
     19日から20日にかけて、西表島産のコバネコロギスが交尾をしていました。
ライン
19 大阪府
     ホンドギツネアカネズミのページにきれいで大きな画像を追加しました。
ライン
18 大阪府池田市
     ヒメカマキリの卵がありました。
ライン
18 大阪府池田市
     飼育している大阪府箕面市産のミツカドコオロギが今年初めて1頭羽化していました。
ライン
17 大阪府池田市
     クマゼミの鳴き声が聞かれなくなりました。
ライン
16 大阪府池田市
     この日も飼育しているヒメカマキリが交尾をしていました。
ライン
13 大阪府池田市
     飼育しているヒメカマキリが交尾をしていました。
ライン
12 大阪府池田市
     地面に落ちて死んでいるクマゼミがよく目につくようになりました。トビイロシワアリが砂を運んできているものがいくつかありました。

ライン

11

兵庫県川西市笹部初谷川

 観察会の下見で水生生物を探しました。カワムツやカワヨシノボリ・ドンコ・オオヤマカワゲラコバントビケラ・コカゲロウのなかま・シロタニガワカゲロウ・ヒゲナガカワトビケラ・コオニヤンマ・コシボソヤンマ・オジロサナエ・シマアメンボ・チラカゲロウ・マダラガガンボの一種・サワガニなどが見られました。

 成虫ではミヤマカワトンボが見られました。

ライン

5

大阪府池田市

 キムネクマバチに刺された手がましになってきました。

ライン

1

兵庫県三田市

 兵庫県立人と自然の博物館で教員研修がありました。昆虫の観察の時にツバメシジミやオオシオカラトンボ・ショウリョウバッタ(抜け殻も)・カマキリバエ・シオカラトンボ・ウスバキトンボ・コバネイナゴ(終齢幼虫)・オンブバッタ(幼虫)・マメコガネ・カブトムシ・アブラコウモリ・ヤマトシジミなどが見られました。

 キムネクマバチ(クマバチ)を説明しようと思ったところ手をさされてしまいました。
 詳しくはクマバチに刺されたのページをご覧ください。

戻る